テーマ:日記

贅沢なビールのおつまみ

最近の残暑は厳しく、暑さはおさまらないですね。 そんなときに、近場の道の駅的なお店に行きまして、長崎産のイカを購入。 地元産でまかなえないのですね。 しかし、甘みが強く、歯ごたえもよく、新鮮でおいしい。 エビは小ぶりですが、水槽で泳いでて、活きたもので、一匹110円。 10匹購入し、皮をむいて、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の関 手造り純米酒 萱島酒造(有)

大分県人なら、この西の関は外せない。 特にこの、手造り純米酒の質にはいつも、驚かされます。 日本酒のお手本のような、これぞ日本酒。といわれるだけあって、素晴らしい味です。 燗で評価の高いこの西の関を、あえて冷やで。 冷やでの感想は、もちろん旨い。 どちらかというと、辛口の部類ですが、旨みたっぷり。 舌にまとわりつくね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬膳・・・万膳酒造

とうとう、手に入れた、萬膳を、W杯に合わせて、開封です。 ふたを開けた瞬間、シュワッと炭酸のような、スパークリングワインのような、炭酸ガスなのか、煙も出てきました。 熟成されているというのか、古いのか。 この感じは、伊佐大泉を開封した時と同じ感覚です。 うまくいえませんが古さを感じるのです。 匂いは、普通なんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代・・・四ツ谷酒造(有) 熟成古酒 麦焼酎

兼八といえば有名ですよね。 そこのレギュラー酒の宇佐むぎの古酒らしい。 創業90周年記念。 とここまでいくと、凄さを感じます。 ロックが好きなので、いただきますが、34度のため、辛いです。 麦焼酎もここまでくると、ウイスキーみたいですね。 氷で十分薄まっても、濃いいので、水を足してみると、脳裏にある風景が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩州宝山・・・西酒造 鹿児島やね

薩州宝山は、西酒造から出た、割と安めのリーズナブルな芋焼酎です。 西酒造といえば・・・ 富乃宝山で有名ですな。 今回の薩州宝山のお味なんですが、飲み口は軽く、アルコール感もなく飲みやすく、だからといって、芋の旨さも感じられながら、余韻は富乃宝山のような、フルーティさもあわせもっている、バランスのよい芋焼酎です。 これなら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

赤霧島は、ほのかにおいしい。

赤霧島はロックで。 赤芋の甘さが特徴です。 しかし、どこか薄い感じで、ガツン感はないので、グビグビいってしまします。 軽い赤芋って感じです。 ところで、イングランド戦は、アンカーのおかげで、ボランチが機能し、連携もうまくいきました。 あとは、カウンター時の、迫力です。 人数は3人が3方向に飛び出すようにして、手数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤の黒が定価で。

ここ福岡でも、とうとう一升が定価3.270円で買うことができました。 だめもとで、酒屋さんをのぞき、佐藤のレギュラー酒である、さつまの黒でも買おうかと思ったところに、この一升です。 まあ定価でも高価なんですが、うれしいものです。 しばらくは開けないと思います。 最近は、この佐藤の黒だったり、川越だったりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越はふんわり。

この川越酒造場の川越は、芋焼酎と米焼酎を8:2でブレンドした、本格芋焼酎です。 かなり有名で、プレミア焼酎です。 今となっては、やっと購入できるようになり、遅ればせながら評価をしてみたいと思います。 ふたを開けて嗅いだ匂いは、あっさり系です。 ロックで飲んでみると、予想通り、軽やかで、ふんわり感があり、飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見のシーズン。鍋島隠し酒。

去年の今頃は、会社近くの公園で、寒いながら、もつ鍋を作り、この鍋島隠し酒を持ち込み、絶賛の嵐であったこと。 今年は、タイミングの問題もあり、お花見は決行できず残念でした。 せめて雰囲気だけでも花見の気分になるために、この鍋島隠し酒を購入しました。 この鍋島は、裏鍋島ともいわれ、吟醸クラスの味なのに、安い価格で購入で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音叉ノ如・・・おんさのごとし

音叉ノ如・・・おんさのごとし 栗黄金・白麹仕込 白金酒造㈱ 鹿児島県姶良郡姶良町 仕込み水にこだわっているみたい。 水がいいと焼酎は透き通る。 磨き芋・白麹仕込みと書いてあり、ラベルはこだわっていてかわいらしい。 ふたを開けて嗅いだ匂いは、意外とどっしり系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タジン鍋・・・なかむらお湯割り

もらいもののタジン鍋。 見た目かわいい。 あさりの酒蒸し。 野菜の水分と、お酒だけのシンプルな味付けがまた旨い。 とり皮はしっかり焼いて、さっとゆでたもやしに、さっぱりポン酢で。 なかむらは、お湯割りのほうが美味しい。 深みが味わえるし、香りもいい。 チャンジャはご飯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六代目百合はロックで

今日の日本代表の試合。なかなかよかったです。 本田のトップ下はいいのでは。 これしか道はないような気すらしますね。 今のフォーメーションではこの形以外、難しいような気がします。 やはり、トップ下に、中村憲剛選手だと、トップが下がり目になり、迫力に欠けるので、今回のがいいです。 六代目百合は、ロックがいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手取川 大吟醸・・本流

手取川 大吟醸・・本流 石川県の日本酒です。 大吟醸クラスになってきますと、フルーティーな香りであり、果実のようなフレッシュな感じもあります。 飲み口はサラリとくるのですが、最後に少し辛みというか、締まった酸がきます。 料理を殺さないタイプです。 甘すぎず、バランスがいいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふしぎ屋に刺身で。

サバの刺身。身もきれいで厚みもあっておいしいですよ。 みよ、この断面。 ブリの刺身。 包丁の切れ味鋭く。 鳥肉と里芋の煮物は、やさしい甘さで、お酒がすすみます。 大分麦焼酎ふしぎ屋20度。 これは、絶品ですね。 正直、ここまで美味しいと感じる麦焼酎は、ありませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レバ刺し、そして渡り蟹。

近所のお肉屋さんで、朝11時くらいに尋ねると、昼過ぎに生レバー入りますとのことで、昼食で時間調整後、再びお肉屋さんでレバ刺しGET. ごまとネギをちらし、ゴマ油に塩を入れたたれにつけて食べます。 ビールに合います。 久しぶりのレバ刺しはやっぱり美味しい。 プリプリしてて。 レバーを仕入れる前に、立ち寄った漁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどき上手です。

蟹のツメ。 あたりはずれがあるんですが、このツメはジューシーでGOOD. 刺身もGOOD。 麦搾りは甘くてGOOD. くどき上手は、甘くてジューシーです。 アルコール度数も高いため、酔いも早くてGOOD. 甘口なんで、女性向けかも。 おやじ向けではないですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

これは活きた渡り蟹。小ぶりで3匹1000円です。とある市場にて。 今年の正月は、子供が急に熱を出したため、実家に帰ることができず、自宅で寝正月です。 WIIのスーパーマリオに家族で、夢中になって気づいたら夕方に。 こんな正月の過ごし方も、初めてですがいいものです。 牛のたたき。 濃い味には日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり島美人が最高レベル。

いろんな、プレミア焼酎や人気焼酎を購入しては、呑んで味見して、あ~じゃないこ~じゃないって言ってはみるものの、や~っぱり最初も最後もこの島美人なんです。 甘くて香ばしくて、お湯割りに最高です。 最初こそ、瓶で購入してましたが、この島美人は、紙パックで購入するのです。 なぜならば、旨くてあっという間に開けてしまうので、瓶だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物のししゃもに天の戸美稲で

まずは、手羽先と里芋の煮物じゃ。 やさしい味付けで、美味しいね。 キリン淡麗の程よい苦味で、ほろ酔い気分に。 この、ごまサバは福岡ではポピュラーです。 サバの刺身を、すりゴマと、海苔を和えて、醤油でからめ、混ぜるだけのいたってシンプルだけど、サバの脂の乗った、甘み十分の刺身の旨さが倍増するこの、食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の戸美稲(あまのとうましね)無濾過純米 

キリン淡麗。生粋の発泡酒ですね。 苦味がありバランスがよく、ビールに近い感じがしますね。 第3や第4のビールのレベルが高く、違いがあんまりわからなくなってきて、好みの問題になりつつあります。 塩だれ豚肉には、生卵をトッピング。 豚のチャーシューはいつも安定した旨さ。 豚ばっかやね。 ビールには合うけどね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大七生もとはすげえなあ

鶏モモ、大根、白菜の醤油ベースの煮物ですわ。 麦搾り500mlをかまします。 ちょっと味気ない? しかし大七は裏切らない。 冷やでも旨し。 やりまんなあ。 大七。懐がかな~りふか~~~~いのです。 ズブズブはまっちゃいます。 ベストオブ日本酒。 すげ~なあ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほっけ、せせり、大七

北海道産のほっけ。 今回は少々小ぶりかなっと思いきや、身はぎっしりもっちり。 満足じゃ。 せせりの焼き物。 焼肉のタレを付けてだべるのです。 コリコリ歯ごたえも、味も最高。 つまみにもおかずにも。 安くて旨い。 もやしとツナのマヨネーズと何かが入ってるおつまみ。 うまいっす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生もと大七。燗酒の定番です。たこやきで。

日経新聞かなにかわからんが、一位になったのね。燗酒で。 このお酒を見るたびに、身が引き締まるそんな思いです。 たこやきなんで、やっぱし。 麦搾り。うまいし。安い。 近くの肉屋さんでも、レバ刺しがありました。今までお肉屋さんにあんまり興味がなかったのですが、レバ刺しには惹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道フェアで

まずは、手羽中の塩焼き。 まあまあです。 もっとパリっとさせて塩が効いてほしいなあ。 ここから、北海道フェアで購入したものです。最近、いろんなスーパーなどでやってます。 甘エビの刺身。 なかなか、いい感じ。甘くておいしい。 しかし、手がべとつくために、酒のつまみには向かないかも。 イクラです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんこつ唐揚げから、すずめへ。八鹿酒造。大分県人。

定番なんこつ唐揚げは、やっぱり美味しい。 ビールに合う合う。 今日はせせりともやしとニラの、鳥ダシベースの炒め物。 柚子胡椒がアクセントとなり、塩ベースのせせりとあいまうのです。 麦搾りッチは甘くて美味しい上に、濃い感じ。 味噌汁はナスと油揚げ。 相性がいいのじゃ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼き豚から、トッパ

まずは、豚コマとチンゲン菜のオイスター炒め。 無難に美味しいです。 とりあえず、ウェイパー的なダシをかまし、オイスターソースでからめるとできます。もち、料理酒や水は目分量で。ニンニクは必須。 焼き豚はお肉の脂の割合で左右されます。今回のは、わりと脂身少なくタンパクです。 だけど美味しいよ。いつもありがとう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牧のうどんからぎんなん。そしてふなぐち菊水。季節感たっぷり。

もらいもののリンゴ。 長野県からです。 ありがたい。 色とりどり。 左が赤いので、右が黄色のもの。 黄色のは、ずっしり系。 赤いのは、はちみつが入ってるかのような、甘さです。糖度高いです。 福岡はラーメンが有名ですが、実は、うどんもかなりの激戦区なのです。名物なのです。 牧のう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レバ刺し、馬刺しで一杯。

自宅でレバ刺しって贅沢ですよね。お肉屋さんに行くと、あるとこと無いとこがあるのでしょう。 あるとこにはある、貴重な嗜好品です。 あんまり食べ過ぎはよくないので、ゆっくり味わいます。 プリッと、あま~いレバ刺し。ゴマ油と塩のたれは最高に合いますね。 馬刺しも完ぺきやね。赤味はねっとりジューシーさもあり、しっとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏肉のそぼろ・・・ロックで田倉

やっと金曜を乗り切って、三連休ですね。 いつもは、休み前はテンション上がるのですが、今日は本当に疲れ切ったので、ローテンション。仕事を頑張ったということです。 そんな自分にご褒美を。 恒例となった、本日の夕食は、鶏のそぼろです。 酒、みりん、砂糖、生姜で、煮詰めたものです。ご飯にもよく合うし、つまみにもなるッス。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田倉です。

手羽先のチューリップでの甘辛煮。 ナスをオリーブオイル、バター、塩コショウで味付けしたもの。 ナス嫌いの子供も食べてました。 生搾りで一杯。 寒くなってきたので、おかわりはナッシング。 田倉をお湯割りでいただきました。 キレがあり、香ばしさもあり、バランスのとれた焼酎です。 芋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more