テーマ:日本酒

西の関 手造り純米酒 萱島酒造(有)

大分県人なら、この西の関は外せない。 特にこの、手造り純米酒の質にはいつも、驚かされます。 日本酒のお手本のような、これぞ日本酒。といわれるだけあって、素晴らしい味です。 燗で評価の高いこの西の関を、あえて冷やで。 冷やでの感想は、もちろん旨い。 どちらかというと、辛口の部類ですが、旨みたっぷり。 舌にまとわりつくね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見のシーズン。鍋島隠し酒。

去年の今頃は、会社近くの公園で、寒いながら、もつ鍋を作り、この鍋島隠し酒を持ち込み、絶賛の嵐であったこと。 今年は、タイミングの問題もあり、お花見は決行できず残念でした。 せめて雰囲気だけでも花見の気分になるために、この鍋島隠し酒を購入しました。 この鍋島は、裏鍋島ともいわれ、吟醸クラスの味なのに、安い価格で購入で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石鎚・・緑ラベル  シルキー&ジューシー

美味しい晩御飯が並びました。 豚肉のケチャップ(タマネギみじん切り入り)のせ。 アボカド納豆。 もやしのナムル。ゴマ油で和えたもの。 サーモンの盛り付け。 そして軟骨唐揚げです。 サーモンはタマネギスライスと水菜をからめて、醤油をたらしいただきます。 コクの時間は、パッケージが新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手取川 大吟醸・・本流

手取川 大吟醸・・本流 石川県の日本酒です。 大吟醸クラスになってきますと、フルーティーな香りであり、果実のようなフレッシュな感じもあります。 飲み口はサラリとくるのですが、最後に少し辛みというか、締まった酸がきます。 料理を殺さないタイプです。 甘すぎず、バランスがいいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日の晩御飯。

甘木温泉で家族湯に入り、帰りの恒例のお肉屋さんにて、馬刺し200gたてがみ50gです。 タマネギをスライスし、生姜醤油でいただくのです。 く~~~。赤味がジューシで最高。 我が家の土日には、このパターンが多いのです。 ささやかな幸せです。 牛ホルモンは、軽くフライパンで焼き、焼肉のタレをからめて。 脂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醸し人九平次 雄町 精米歩合50% 

今日は、久しぶりに寄った酒屋さんで、焼酎では、月の中一升、三段仕込み一升、田倉4合瓶があったのですが、心がときめかずに、スルーしました。 日本酒コーナーでも、なかなかときめかなくて、ふとこの醸し人九平次に目をやりました。 その瞬間あの、ヨーグルト風味の舌の記憶がよみがえりました。 さらに、この生酒というところに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどき上手です。

蟹のツメ。 あたりはずれがあるんですが、このツメはジューシーでGOOD. 刺身もGOOD。 麦搾りは甘くてGOOD. くどき上手は、甘くてジューシーです。 アルコール度数も高いため、酔いも早くてGOOD. 甘口なんで、女性向けかも。 おやじ向けではないですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふなぐち菊水一番搾り。新米新酒。

我が家に新しい包丁がやってきました。 一本4000円ほどする、高価な包丁。 恐ろしいほどのキレ味。 見よ。この断面。 すばらしい切れ味。 焼肉はグラム250円ほどの国産牛肉。 これが旨い。 ふなぐち菊水一番搾り。新米新酒。 フレッシュ感があっておいしいです。 ノーマル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクの時間から海老へ。そしてくどき上手。

今日は、沖縄産、養殖海老。 箱に冷蔵状態で入ってます。 塩焼きも旨い手ごろサイズ。 生で食べれます。ていうか、生きています。 すごいですよね。 箱の中では、仮死状態なんでしょうか。常温でしばらくすると、徐々に動き出すのです。 すごい技術だ。 殻も新鮮なのでむきづらい。 生は、裸にむかれて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどき上手 酒未来 純米吟醸 

このくどき上手 酒未来 純米吟醸は、ネットですこぶる評判で、呑んでみたい日本酒でした。 たまたま酒屋を覗くと、緑の瓶で、くどき上手らしくない、シンプルなラベルで、これまではスルーしてたんでしょうが、今回ふと思い出し、購入しました。 一升で2、980円くらいでした。 ボーナスも出たことだし、自分へのご褒美です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物のししゃもに天の戸美稲で

まずは、手羽先と里芋の煮物じゃ。 やさしい味付けで、美味しいね。 キリン淡麗の程よい苦味で、ほろ酔い気分に。 この、ごまサバは福岡ではポピュラーです。 サバの刺身を、すりゴマと、海苔を和えて、醤油でからめ、混ぜるだけのいたってシンプルだけど、サバの脂の乗った、甘み十分の刺身の旨さが倍増するこの、食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の戸美稲(あまのとうましね)無濾過純米 

キリン淡麗。生粋の発泡酒ですね。 苦味がありバランスがよく、ビールに近い感じがしますね。 第3や第4のビールのレベルが高く、違いがあんまりわからなくなってきて、好みの問題になりつつあります。 塩だれ豚肉には、生卵をトッピング。 豚のチャーシューはいつも安定した旨さ。 豚ばっかやね。 ビールには合うけどね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大七生もとはすげえなあ

鶏モモ、大根、白菜の醤油ベースの煮物ですわ。 麦搾り500mlをかまします。 ちょっと味気ない? しかし大七は裏切らない。 冷やでも旨し。 やりまんなあ。 大七。懐がかな~りふか~~~~いのです。 ズブズブはまっちゃいます。 ベストオブ日本酒。 すげ~なあ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほっけ、せせり、大七

北海道産のほっけ。 今回は少々小ぶりかなっと思いきや、身はぎっしりもっちり。 満足じゃ。 せせりの焼き物。 焼肉のタレを付けてだべるのです。 コリコリ歯ごたえも、味も最高。 つまみにもおかずにも。 安くて旨い。 もやしとツナのマヨネーズと何かが入ってるおつまみ。 うまいっす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生もと大七。燗酒の定番です。たこやきで。

日経新聞かなにかわからんが、一位になったのね。燗酒で。 このお酒を見るたびに、身が引き締まるそんな思いです。 たこやきなんで、やっぱし。 麦搾り。うまいし。安い。 近くの肉屋さんでも、レバ刺しがありました。今までお肉屋さんにあんまり興味がなかったのですが、レバ刺しには惹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牧のうどんからぎんなん。そしてふなぐち菊水。季節感たっぷり。

もらいもののリンゴ。 長野県からです。 ありがたい。 色とりどり。 左が赤いので、右が黄色のもの。 黄色のは、ずっしり系。 赤いのは、はちみつが入ってるかのような、甘さです。糖度高いです。 福岡はラーメンが有名ですが、実は、うどんもかなりの激戦区なのです。名物なのです。 牧のう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪中梅

新潟の3大梅の一つ。雪中梅です。 予想通り、新潟のさらっとした、飲みやすさに、甘さが強めです。 砂糖水のような透明感もあり、甘口です。 最近は辛口好みのために、少し物足りなさを感じますが、日本酒は体調も影響するので なんともいえませんが、糖分が気になるこの頃です。 酒屋さんでは日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀齢さんの万事 酒盃の中  日本酒純米酒

最近はもっぱら、ビールですが、この日本酒は広島県東広島市の亀齢酒造さんのこの、万事  酒盃の中という一升瓶で2100円の日本酒の美味しさにはまってます。 お冷だと、この価格帯にしては充分なフルーティさと、燗をつけても甘口でちょっとくどいです が、旨みた~ぷりが味わえます。 ほんと、コストパフォーマンスに優れた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ふなぐち菊水

ブログを更新するのは久しぶりです。 その間、ビールや焼酎、日本酒と呑み続けているのですが、ルーティンワークの中にブログ 更新がなくなってしまったのです。 もともと、趣味が少ない私は、ブログを立ち上げてみて、日記代わりくらいの感じなんですが、 お酒について、だんだんマンネリぎみ、ネタきれぎみとなり、最近は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒龍・・・垂れ口吟醸

黒龍の垂れ口吟醸は、生酒特有のフレッシュさと、甘みと酸によるキレとバランスのとれた日本酒です。 アルコール度数が高めなので、スイスイ飲んだあとに、ずっしり酔いが襲ってきます。 美味しい日本酒は、2合くらいあっというまに飲んでしまいます。 ほろ酔い気分で寝るのが最高です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐しらぎく・・・斬辛

土佐の日本酒です。 特別純米酒です。 ネーミングから想像すると、燗がよさそうですが、キンキンに冷えたお冷から。 冷やですと、非常に穏やかで、何かおとなしいです。 燗にしますと、華が開き、旨みも香りも顔を出してきました。 全体的に、若いお酒って感じがします。 好青年ですな、これは。 辛口な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久保田・・・碧寿  純米大吟醸

久保田の碧寿。 いわずとしれた、新潟の銘酒です。 この碧寿は純米大吟醸クラスです。 常温で頂いたのですが、華が開きます。 フワッと柔らかな甘い香りがして、すっと消えていきます。 後を引かないので飲みやすくて、美味しいです。 冷やした状態で飲みたかったのですが・・・なくなるのは早いもので・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久保田・・・千寿

新潟のお酒で、久保田の千寿は、本醸造です。 常温で一口。 さすがに、新潟のお酒は、癖がなく飲みやすいです。 続いては、レンジで燗をつけたところ、完全に美味しい部分が飛んでしまって、アルコール感 だけが残り、微妙でした。 そこで、有田焼の燗つけ器でつけたところ、旨みも逃げず、美味しくいただけました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑そしてまた、緑

今度の緑は、価格も同じ純米吟醸の火入れしてあるものです。 生に比べ、火入れしているので、ドライ感がありそうです。 温度帯の変化による、味の変化を楽しもうと、こちらは燗にしたいと思い、生の緑と同時購入したのです。 しかし、最初は裏のラベルに書いてあるように、冷やで1杯。 これまた、主張しすぎない本当に良いバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑・・・きれいです。

緑・・・新潟の日本酒です。緑川です。 この緑は、純米吟醸の生酒になりますが、きれいな味です。 いわゆる、あとでつけたような嫌味な香りは無く、穏やかな吟醸香です。 ホント緑川は、飽きずに飲み続けられる味ですね。 銘酒ですよね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

獺際・・・純米大吟醸50

山口県の獺際(だっさい)・・・純米大吟醸50です。 純米吟醸はよく飲みますが、大吟醸はなかなか飲む機会はないです。 このお酒は、価格帯も安く、購入しやすくGOODです。 お味のほうは、なかなかフルーティですね。 特にこれはっ?というようなインパクトはないですが、まとまった感じですね。 無難な味で、飲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久方ぶりに・・・貴  

久しぶりに、ブログの更新です。 いろいろあって時間があいてしまうと、なかなか面倒になるものです。 てなことで、本日は、山口県の貴 芳醇80 純米酒です。 この貴というお酒はdancuでよく紹介されています。 福岡でも、取り扱いは多い気がしますが。 さてさて、お味のほうですが、私的には、常温よりも、燗をつけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醸し人九平次・・・はまってしまう。

今日は醸し人九平次、雄町、純米吟醸を紹介します。 日本酒好きには言わずとしれた、有名銘柄ですよね。 名古屋市の㈱萬乗醸造さんが醸し出してるこのお味。 一度飲んでみたいと思っていた、この有名銘柄。どんなでしょうか。 まず、蓋を開けて、匂いをかいでみます。 すると、日本酒くっさいアルコールの匂いは全くあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天狗舞 旨惇 3セットマッチで。

今日紹介するのは石川県の天狗舞です。天狗舞といえば、山廃仕込が有名ですが、価格帯の安いこの純米酒 旨惇から飲んでみようと思いました。 味の評価は、テニスの試合で例えてみたいと思います。 僕はまだまだ、日本酒暦の浅い若造(ネットプレーヤー)ですが、このベテラン天狗舞との試合(試飲)では、序盤こそ、グイグイ押していける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍋島・・・まさにデカメロン伝説だ

この佐賀県鹿島市から醸し出す、鍋島、特別純米酒。緑色をした瓶からも想像できるこの味。 本当に、ありえないほど美味しいです。 焼酎しか見ていなかったアタクシが、この緑色の瓶の蓋を開けた瞬間、違った世界が開けたのです。 日本酒って、こんなに美味しかったっけ? なんだ?このメロンジュースは? まさに、メロンです。 お米から出来たメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more