贅沢なビールのおつまみ

最近の残暑は厳しく、暑さはおさまらないですね。 そんなときに、近場の道の駅的なお店に行きまして、長崎産のイカを購入。 地元産でまかなえないのですね。 しかし、甘みが強く、歯ごたえもよく、新鮮でおいしい。 エビは小ぶりですが、水槽で泳いでて、活きたもので、一匹110円。 10匹購入し、皮をむいて、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小えびの唐揚げで川越を

川越はやわらかく、そして飲みやすい。 アルコールの辛さはほとんどない。 しかし、すこ~しだけ雑味が感じられます。 体調や日によって変わりますね。 この小えびは、福岡県の西の方にある、伊都方面の小えびです。 頂物です。 それをからあげに。 焼酎の辛さは、カラリと揚がったえびの旨さに中和され、酔いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふしぎ屋長期貯蔵・・・藤居酒造㈱大分むぎ焼酎

今日は、このふしぎ屋・・・長期貯蔵を飲んでみます。 20度のものは、以前に飲んで、かなり美味しくて、また飲んでみたいと思っていました。 ロックで一口、口に含むと、かなりふしぎ屋です。 ふしぎ屋特有の香ばしく甘く、ビターな感じ。 アルコールの辛さは皆無で、ストレートでも行ける感じ。 藤居酒造さんの特蒸泰明がかなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の関 手造り純米酒 萱島酒造(有)

大分県人なら、この西の関は外せない。 特にこの、手造り純米酒の質にはいつも、驚かされます。 日本酒のお手本のような、これぞ日本酒。といわれるだけあって、素晴らしい味です。 燗で評価の高いこの西の関を、あえて冷やで。 冷やでの感想は、もちろん旨い。 どちらかというと、辛口の部類ですが、旨みたっぷり。 舌にまとわりつくね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬膳・・・万膳酒造

とうとう、手に入れた、萬膳を、W杯に合わせて、開封です。 ふたを開けた瞬間、シュワッと炭酸のような、スパークリングワインのような、炭酸ガスなのか、煙も出てきました。 熟成されているというのか、古いのか。 この感じは、伊佐大泉を開封した時と同じ感覚です。 うまくいえませんが古さを感じるのです。 匂いは、普通なんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代・・・四ツ谷酒造(有) 熟成古酒 麦焼酎

兼八といえば有名ですよね。 そこのレギュラー酒の宇佐むぎの古酒らしい。 創業90周年記念。 とここまでいくと、凄さを感じます。 ロックが好きなので、いただきますが、34度のため、辛いです。 麦焼酎もここまでくると、ウイスキーみたいですね。 氷で十分薄まっても、濃いいので、水を足してみると、脳裏にある風景が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩州宝山・・・西酒造 鹿児島やね

薩州宝山は、西酒造から出た、割と安めのリーズナブルな芋焼酎です。 西酒造といえば・・・ 富乃宝山で有名ですな。 今回の薩州宝山のお味なんですが、飲み口は軽く、アルコール感もなく飲みやすく、だからといって、芋の旨さも感じられながら、余韻は富乃宝山のような、フルーティさもあわせもっている、バランスのよい芋焼酎です。 これなら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

赤霧島は、ほのかにおいしい。

赤霧島はロックで。 赤芋の甘さが特徴です。 しかし、どこか薄い感じで、ガツン感はないので、グビグビいってしまします。 軽い赤芋って感じです。 ところで、イングランド戦は、アンカーのおかげで、ボランチが機能し、連携もうまくいきました。 あとは、カウンター時の、迫力です。 人数は3人が3方向に飛び出すようにして、手数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越で。イングランド戦に備えて。

川越は有名芋焼酎です。 米焼酎がブレンドされているとあり、ロックでふんわりいただけます。 アルコールの辛さは皆無のため、氷が少し溶けだしたら、もう飲みごろ。 スイスイいけます。 お湯割りも試したいのですが、もったいない気がして今日もまたロック。 牛肉の薄切りを巻いたもの。結構いい肉ですが、シソ巻きで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤の黒が定価で。

ここ福岡でも、とうとう一升が定価3.270円で買うことができました。 だめもとで、酒屋さんをのぞき、佐藤のレギュラー酒である、さつまの黒でも買おうかと思ったところに、この一升です。 まあ定価でも高価なんですが、うれしいものです。 しばらくは開けないと思います。 最近は、この佐藤の黒だったり、川越だったりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音海・・・京屋酒造 

この音海は宮崎紅寿芋と国産うるち芋をつかった、芋焼酎です。 いわゆる、赤ですね。 JIZAKE project と書かれています。 音叉ノ如(おんさのごとし)もそうで、ラベルが同じタイプで統一されてます。 おしゃれやね。 21度で、水割り・ロックをすすめてます。 なるほど。 21…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越はふんわり。

この川越酒造場の川越は、芋焼酎と米焼酎を8:2でブレンドした、本格芋焼酎です。 かなり有名で、プレミア焼酎です。 今となっては、やっと購入できるようになり、遅ればせながら評価をしてみたいと思います。 ふたを開けて嗅いだ匂いは、あっさり系です。 ロックで飲んでみると、予想通り、軽やかで、ふんわり感があり、飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六代目百合のロックは最高。

六代目百合のロックは最高です。 最近というか、今までの中でも、トップクラスの美味しさです。 芋ジュースみたいなのです。 アルコールの辛さは皆無です。 ほんとにすごいとしかいいようがない。 それに、ひきかえ、日本代表は心配です。 まあ、本番前でよかったと思うしかないのです。 ポテトチップスって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見のシーズン。鍋島隠し酒。

去年の今頃は、会社近くの公園で、寒いながら、もつ鍋を作り、この鍋島隠し酒を持ち込み、絶賛の嵐であったこと。 今年は、タイミングの問題もあり、お花見は決行できず残念でした。 せめて雰囲気だけでも花見の気分になるために、この鍋島隠し酒を購入しました。 この鍋島は、裏鍋島ともいわれ、吟醸クラスの味なのに、安い価格で購入で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音叉ノ如・・・おんさのごとし

音叉ノ如・・・おんさのごとし 栗黄金・白麹仕込 白金酒造㈱ 鹿児島県姶良郡姶良町 仕込み水にこだわっているみたい。 水がいいと焼酎は透き通る。 磨き芋・白麹仕込みと書いてあり、ラベルはこだわっていてかわいらしい。 ふたを開けて嗅いだ匂いは、意外とどっしり系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タジン鍋・・・なかむらお湯割り

もらいもののタジン鍋。 見た目かわいい。 あさりの酒蒸し。 野菜の水分と、お酒だけのシンプルな味付けがまた旨い。 とり皮はしっかり焼いて、さっとゆでたもやしに、さっぱりポン酢で。 なかむらは、お湯割りのほうが美味しい。 深みが味わえるし、香りもいい。 チャンジャはご飯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青一髪(せいいっぱつ)・・・麦焼酎です。

ここのとこ何気に、いつもの酒屋さんを巡っていると、立て続けに見慣れない焼酎に出会いました。 まず、古代です。 兼八で有名な四ツ谷さんの古酒90周年記念で720mで3150円ほどでした。 高いなあと 思いつつも、これも記念だと思って購入しました。 なんかの記念日に開けようかな。 そして、お次は川越です。 これも、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

六代目百合はロックで

今日の日本代表の試合。なかなかよかったです。 本田のトップ下はいいのでは。 これしか道はないような気すらしますね。 今のフォーメーションではこの形以外、難しいような気がします。 やはり、トップ下に、中村憲剛選手だと、トップが下がり目になり、迫力に欠けるので、今回のがいいです。 六代目百合は、ロックがいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石鎚・・緑ラベル  シルキー&ジューシー

美味しい晩御飯が並びました。 豚肉のケチャップ(タマネギみじん切り入り)のせ。 アボカド納豆。 もやしのナムル。ゴマ油で和えたもの。 サーモンの盛り付け。 そして軟骨唐揚げです。 サーモンはタマネギスライスと水菜をからめて、醤油をたらしいただきます。 コクの時間は、パッケージが新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手取川 大吟醸・・本流

手取川 大吟醸・・本流 石川県の日本酒です。 大吟醸クラスになってきますと、フルーティーな香りであり、果実のようなフレッシュな感じもあります。 飲み口はサラリとくるのですが、最後に少し辛みというか、締まった酸がきます。 料理を殺さないタイプです。 甘すぎず、バランスがいいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more